2019年5月22日水曜日

今日のランチ(2019.5.22)

豆ごはん・つくね焼・ほうれん草おひたし・味噌汁・牛乳・クリームブッセ

0522

 

 

 クリームブッセ。ブッセとはフランス語で「一口」という意味である。一口とあるのだから一口で食べるべきか。しかし、こんなに美味しいものをたった一口で食べてしまうのはもったいない。

 私は甘いものが好きだ。甘いものを食べるとその後にしょっぱいものが食べたくなる。そしてしょっぱいものを食べるとまた甘いものが食べたくなる。甘い、しょっぱい、甘い、しょっぱい…。この繰り返しは体に悪いが、なかなか抜け出せない。考えた対処法は無理やり歯を磨くこと。

 「どうしてそんなに体が大きいんですか?」「何を食べたら大きくなれますか?」という質問をよくされるが、こんな食べ方をしてることなんて言えない。

(S.KⅡ)



2019年5月21日火曜日

今日のランチ(2019.5.21)

ソフト中華麺(味噌野菜スープ)・かに玉・中華和え・牛乳・冷凍みかん

0521

 

 

 フェスティバル準備期間に入り、11:50にランチが始まります。前半はテストの補講をこなし、後半にランチホールの友愛館に行きます。後半の頭に混雑度合いは二度目のピークに達します。座席も混み混みなのですが、空いているところに飛び込みました。今日はソフト中華麺の包装を綺麗に開けることができて、とても気分がいいです。うまいこと味噌野菜スープのお椀に入れられて尚のこと嬉しい気持ちになりました。敬和ラーメンをうまいこと具材と混ぜ込んでいただくと、これ贅沢。かに玉も一緒にいただけば、これまた贅沢。冷凍みかんでしめれば、これまたまた贅沢。贅沢なランチの時間、今日のランチを一言で表すならばこのように表現したいと思いました。すなわち,『これ贅沢』。

(Nm³)



2019年5月20日月曜日

今日のランチ(2019.5.20)

ごはん(梅びしお)・マグロフライ・野菜ソテー・ちゃんぽんスープ・牛乳・グレープフルーツ

 0520

 

 

 マグロのカツ。最初に見たとき、外見だけではそれと分からなかった。箸で持ち上げるとずっしり重い。かぶりつくと、しっかりした歯ごたえ。ジューシーでご飯がすすむ一品であった。身の詰まった重み、というのは実際に体感しないと、見た目だけではわからない。外見華やかでも中身が伴っていないスカスカした感触は、なんだか期待を裏切られた気になる。食べ物は目で味わう、という言葉があるようにもちろん美しい盛り付けは大事だが、ブームが去った後も客の長い信頼をつかむのは中身なのである。


 本校の生徒はどうだろう。大自然のど真ん中にあり、労作など、およそ今時のお洒落な高校生活とは無縁の日々を送る生徒たち。見た目に華はなくとも、そこには本質的な学びがあるはずだ。誠実に、良き人格を育み、社会の中で味のある、中身の詰まった人間としていい役割を果たしてくれることを、祈るばかりである。

(M2)



2019年5月17日金曜日

今日のランチ(2019.5.16)

ごはん(ふりかけ)・タラ香草焼・アスパラソテー・坦々スープ・牛乳・オレンジゼリー

0516

 

 

 少しずつ暑くなってきました。夏が近づいている気がします。

さて、今日のメインは「タラ香草焼」。肉ばかりを食べていると、やっぱり食べたくなるのがさかな。食事ってバランスよく食べないといけないですよね。

 今日も午後から魚パワーで頑張ります。今週もあと1日。

 明日は労作デーです。

(S.T)



2019年5月15日水曜日

今日のランチ(2019.5.15)

スパゲティミートソース・チーズサラダ・牛乳・マフィン

0515

 

 

 まずは牛乳を一口。渇いたのどに牧場が広がるようだ。すぐにスパゲティに喰らいつきたい気持ちを抑え、チーズサラダからいただく。生野菜とチーズという一見まったく別物の組み合わせは、口の中で絶妙に溶け合う。そしてスパゲティへフォークをのばす。敬和のミートソースはスパゲティの上にのっているのではなく、あらかじめ麺にしっかり絡んでいる。シャツにはねないように慎重に口に運んだ。もちもちとした太めの麺は食べ応えがある。ゴロゴロ入ったひき肉は噛めば噛むほどうまみが出てくる。ガツンとくる肉感を甘いたまねぎがまろやかにしてくれる。ひょっこりと顔を出すグリーンピースのおかげでいろどりもばっちりだ。さっぱりとしたサラダとこってりなスパゲティを交互に食べる、こんなに幸せな時間はいつまでも続かない。最後にマフィンをいただく。しっとりとした口当たり。どんどん食べ進め、あっという間になくなってしまう。残りの牛乳を流し込むと、マフィンと牛乳は一緒に食べるべきして作られたのではないかというほど相性抜群だった。

 明日はテスト最終日。最後までがんばろう。

(S.KⅡ)



2019年5月14日火曜日

今日のランチ(2019.5.14)

麻婆あんかけチャーハン・ワンタンスープ・牛乳・フルーツヨーグルト

0514

 

 

 昨日の礼拝の話で朝ごはんを食べないことで特有の時差ぼけになるという話がありました。朝ごはんには栄養をきちんと取ることも大事だという話でした。それを聞いたわたしは、生物の授業ですかさず、「クエン酸回路だよ。」と話をしました。エネルギーを作り出す「呼吸」の要の「クエン酸回路」。三大栄養素をフル活用してエネルギーを生み出す要です。今日の試験にもバッチリ出たのでナイスタイミングでした。みんな、試験もできたことと思います。(願います。)

 ランチは栄養満点の麻婆チャーハン。テストで頭をフル回転して疲れた体に最高です。当然、クエン酸回路もぐーるぐーる、フル回転です。ランチをしっかり食べて特有の時差ぼけも解消!明日のテストに備えましょう。

(Nm³)



今日のランチ(2019.5.13)

ワカメごはん・サバゴマ竜田揚げ・マカロニサラダ・キムチ汁・牛乳・ミニクレープ

0513

 

 

「あんたよお、何でそんな格好になってるんだい」。マカロニサラダが、サバの全身を見ながら聞いた。当人のサバは全身にゴマを纏い、一見それと分からない姿になっている。なかなか衝撃的な様子だ。

「ん?気になるか?」サバがじろりとマカロニを見やり一言。しかし全く気にする素振りはない。

「いやだって、あんたそんなことしなくてもファンがたくさんいるじゃんかよ。そんな知名度の無い新参者のやるような奇抜なことしなくても、王道を行けばいいんじゃないの。あんたに覇道は似合わんよ」。マカロニは、味噌煮のサバのほうが好きなのであった。

「ふん、そう見えるかい。ありがたい言葉だけど、そうもいかねえ。守りに入ったら負けなのよ。良くて現状維持、普通はレベルが下がっていく。いままで安泰だったやり方を続けるのは、ある意味挑戦から逃げてるのよ。商売ってのはそうだろう?今までの味噌煮、塩焼き、寿司を続ける。それはそれでいいけど、そこにはまらなかったお客をいつ掴むんだい?新しいファンを獲得してこその成長なんじゃないか。それに、この試みは何も破れかぶれじゃない。ちゃんと美味しくなるよう計算してるのさ。今までサバの味がだめだった人でも食べれるよう、竜田揚げで癖を消し、口にした瞬間ゴマが一気に香り立つ。いままでのお客が満足するレベルを守りつつ、新規の若い客層にヒットするものになった。菜飯とのコンビネーションも計算済みよ。これでおれは天下を取る」

 マカロニは、嬉々として語るサバに相槌を打っている。そう言われるとなんだかゴマの鎧を身に纏った百戦錬磨の老将のように見えてきて、これはこれでありだなあと思い始める。挑戦か、そういえば俺は何のためにはるばる東の果ての国まで来たんだっけ、と胸の内でつぶやく。日本になじむため、ローカライズを繰り返し、広く浸透したものの、自分の矜持を見失ってしまったのだろうか、と考えながら、ますます目に輝きが増していくサバの言葉を聴いていた。

(M2)